クローバーコイン事業とは

クローバーコイン事業とは、MLM(連鎖販売取引)を活用して、クローバーコイン(未来の仮想通貨)を上場させ、その通貨の市場を作る事業のことです。

ですが、48ホールディングスのクローバーコイン事業は、10月の頭でMLMが終了となりました。

全ての説明会や募集活動が終了となったのですが、仮想通貨の上場に向けて、今後どのような動きになるのでしょうか?

インターネット上では様々な噂がありますが、飛躍した解釈で拡散している情報が非常に多いと感じてます。
誇張した情報の注目が集まりますので、当然といえば当然かもしれません。

この事業には不透明な部分もありますが、会社のXRP(リップル)の活用方法と、事業の発案者の実力と人間性を正しく知ることで、この事業は非常にリスクリターンのバランスが良い事業となります。

このページでは、48ホールディングスのクローバーコイン事業を、根拠のない噂に振り回されない冷静な目線で整理していきます。

※クローバーコインのMLM(連鎖販売取引)は既に終了しており、勧誘活動をしているわけではありません

 

記事一覧はトップページから!