我が家の貯金を仮想通貨に全額投資したい!大丈夫でしょうか?

仮想通貨について教えて!

まねっぴへ質問

私は40代、女性、主婦(パート)です。家族は主人(会社員)と子供二人(小学生)です。
うちは世帯年収500万円でごく一般的な家庭だと思います。これから子供の教育費がかかるのと、老後の資金について悩んでいます。貯金は500万円あり、定期預金や学資保険という形で預けていますが、利率が低くて全くお金は増えません。昔はもう少し増えたのになと懐かしく思います。
そこで投資を始めたいのですが、一歩踏み出せずにいます。最近、友人から仮想通貨で、相当儲かったという話しを聞きました。(本人いわく高級車が一台買えるくらい?)羨ましく思いましたが、普通の家庭が投資対象として選ぶのに、仮想通貨は適切でしょうか?仮想通貨の将来性はどうなのでしょうか?メリットとデメリットについてアドバイスをして下さい。

まねっぴの回答

質問内容を拝見しました。
仮想通貨(暗号資産 以下、「仮想通貨」で統一します。)は個人的には、非常に面白いと思っております。まず仮想通貨とは、その名の通り現物は存在せず、インターネット上で存在するデジタル通貨です。一括りに仮想通貨といっても、世界中に数千種類あり、玉石混交です。少し前までは、仮想通貨は投機的な要素が強かったですが、最近では金融商品としての地位も確立しつつあります。海外だけで流通しているものや、世界的に有名なものなど様々あります。有名な仮想通貨で言いますと、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)が挙げられます。特にビットコインの上昇率は大きく5年前の2016年から150倍にもなっています。

では、これらの仮想通貨に家庭の資産を投資するのはいかがでしょうか?
まねっぴの回答としては、これらに投資するのは有りだと考えますが、貯蓄を全額投資して運用するのは、リスクが高いと言えます。上手くいけば、家が買えるくらいに膨らむかもしれませんが、失敗すれば折角コツコツ貯めた預金のほとんどを失ってしまうという事もありえます。なので、リスクを取れる範囲内で、宝くじを買う感覚で夢を見るくらいがベストではないでしょうか。

仮想通貨の特徴

ボラティリティが高い
短期的な価格変動は、株式や投資信託とは比べ物にならない位大きいです。これは魅力でもあり、リスクでもあります。1日に数十万円単位の値動きすることも例外ではなく、買った瞬間に数万円の含み損なんてこともあり得ます。家庭の大事なお金を運用する以上、精神的に厳しいものがあります。

ボラティリティ(Volatility)
価格変動のブレ幅の度合いを示す指標です。
「ボラティリティーが大きい」とは、その商品の価格変動が大きいことを意味し、
「ボラティリティーが小さい」とは、その商品の価格変動が小さいことを意味します。

価値の裏付けが無い
例えば、純金はそれ自体に価値があり、物と交換することも可能です。通常の法定通貨というのは国が作っており、国と法律という信用の裏付けがあるからこそ成り立っているものですが、仮想通貨は企業や団体が作っているものであり、信用の裏付けがありません。実際にモノの売買に使用できる用途も限定的です。株式は企業価値によって変動しますが、仮想通貨は、価値基準が分からないので、トレードの中で価格形成されてゆき、どのように動くかも読みにくいです。もともと価値が曖昧なものが取引所で高額で取引されているということは、考え方によっては怖さを感じます。

仮想通貨の可能性

キャッシュレス社会の浸透とともに、中国ではデジタル人民元、日本でもデジタル日本円が検討されているように、国家自体がデジタル通貨の必要性を模索しています。この風潮は今後も加速してゆくことが予想されます。では、仮想通貨はどうなってゆくか?淘汰されながらも、主要な仮想通貨はより存在感を増してゆくでしょう。

その理由は、コロナ禍の影響で世界各国が金融緩和を行なっており、貨幣供給量を増やしていることにより、その通貨価値が下落傾向にあることです。国家が発行している通貨の価値が下がることにより、相対的に仮想通貨の価値が上がっているということです。自国通貨が極端なインフレで実質無価値になっている発展途上国もあり、札束を持ってパンを買いに行くという笑えない事情もあります。そのような国であれば、価値の無い現物の紙切れよりも仮想通貨の方がマシということになります。

また、世界的な大企業が仮想通貨での支払いを認めるようになってきています。ペイパルやテスラという大企業がビットコインでの支払いを認めるようになりました。リップルという仮想通貨を用いて海外送金に利用する金融機関も増えています。今後もこれらの企業を追随する動きは出てくるでしょう。これからも仮想通貨がトレードだけでなく、実用化する動きは大きくなるのではないでしょうか。これらの事からも、各国が発行している通貨の価値動向や実用化によっては大きな可能性は秘めていると言えます。

参考 日本銀行 中央銀行デジタル通貨とは何ですか?

最後に

仮想通貨は非常に面白い存在であり、世界の著名な投資かも注目するようになってきています。私自身も仮想通貨は楽しみだと思っています。しかしながら、前述の通り、仮想通貨は可能性がある反面、危険性もあります。もしご家庭で仮想通貨による投資を検討されるならば、リスクを十分に理解した上で、最悪ゼロになっても納得できる範囲で投資してみてはいかがでしょうか?マイナーな仮想通貨を買っておき、メジャーになった場合には一攫千金も夢ではありません。宝くじを買った気分なら楽しみながら運用できるのではないでしょうか?質問者様の投資ライフを陰ながら応援しております。

参考 投資を始めたいですが、損をするのは絶対に嫌です!元本保証やローリスクな投資方法について教えてもらえないでしょうか?

(留意事項)
本ブログをご参考にして頂ければ嬉しいですが、くれぐれも投資は自己責任にてお願いします。

タイトルとURLをコピーしました