外貨建て保険を契約してしまいました!このまま加入を続けて大丈夫でしょうか?

年金・保険について教えて!

まねっぴに質問

私は、20代、女性、会社員、婚約中で、婚約者と同居中です。私達は年内に結婚予定で子供も欲しいと思っています。そのため、教育資金や資産形成の為に貯蓄機能のある外貨建て終身保険に加入しました。外貨の種類はアメリカドルで教育資金が婚約者名義で老後の資金が私名義で加入しました。今後の日本では円安基調になると予測しておりますので、保険金は多くなると見込んでおります。保険ショップの方に詳細の説明を受けて、質問にも答えて頂いた上で納得して契約しました。しかし、雑誌やお金の啓発本を読むと、そういう保険に入るなら自分で貯金をしたり、そのお金で投資をした方がいいと記載されていることが多いです。今回契約した保険は貯蓄と終身保険が付いており、良い内容だと考えていたのですが、このまま外貨建保険に加入していていいのでしょうか?

まねっぴの回答

質問内容を拝見しました。将来の家族の教育資金や資産形成の為にドル建ての保険を契約したということですね。最近では日本の低金利が続いているので、国内では運用できず海外で運用するタイプの保険が増えています。これらの保険は販売する代理店への手数料が高い為、積極的に販売している代理店もあります。しかし、仕組みをよく理解しないまま契約してしまい後からトラブルになるケースも多いのが実情です。では、まず外貨建て保険とはどのようなものか見てゆきましょう。

外貨建て保険とは

契約者は保険会社へ保険料を支払う際に外貨で支払います。保険料を受け取った保険会社はそれを、海外の公社債投信などで運用し、保険金の受け取りや解約返戻金を外貨で契約者へ支払われるというものです。具体的にはアメリカドル建てやオーストラリアドル建てが一般的です。この外貨建て保険の大きな特徴としては、為替の変動によって金額が変動するところです。実際の支払いと受け取りのシミュレーションをしてみましょう。

例1)月払い保険料が200米ドルという契約を日本円に換算すると?
1ドル=90円の場合 18,000円を支払うことになります。
1ドル=110円の場合 22,000円を支払うことになります。

例2)保険金受け取り額が10万米ドルという契約を日本円に換算すると?
1ドル=90円の場合 900万円を受け取ることができます。
1ドル=110円の場合 1,100円を受け取ることができます。
円安が進めば進むほど、保険料は上昇し、支払われる保険金も上昇します。
外貨建て保険のしくみ

メリットとしては
・金利が高い国で運用する場合、保険料が割安になる
・円安水準になった場合には、為替差益がでる可能性がある
・分散投資として、日本円以外の通貨で積み立てができる

デメリットとしては
・円高水準になった場合は、為替差損が出る可能性がある
・保険料の支払い時に日本円から外貨へ、保険金の受取時に外貨から日本円へ両替する際に手数料が引かれる
・解約時には手数料が引かれる保険が多く、短期間の場合は解約返戻金が少なくなる可能性がある

外貨建て保険のトラブル例

外貨建て保険は手数料が高いので、代理店や金融機関から提案されることが多いのですが、仕組みの複雑さから何かとトラブルが多いのです。特に高齢者に対して提案をして、理解されないままに契約をしてしまったというものが圧倒的に多い気がします。実際にどのようなトラブル事例をあげてみました。

元本保証を約束され豪ドル建ての保険を契約したが、元本保証ではなかった
金融機関の職員が自宅に訪問し、預けているだけでは増えないと金融商品を勧められた。投資は絶対しないと夫婦で決めていたので、必死に断った。しかし職員は何回も自宅に訪れ熱心に勧めてきて、最後は上司まで電話をかけてくるので、仕方なく話を聞いた。預けていた定期預金500万円は満期前だったが、それを豪ドル建ての商品に変更したほうがよいと勧められた。何回も元本保証だと繰り返され、職員があまりにも熱心だったこともあり、押しに負けて仕方なく契約をした。電話で上司からも元本保証であるという説明を受けた。契約後に証書が送付されたが、保険会社との豪ドル建て個人年金保険契約になっており、不安になって確認すると、金融機関が代理店になっていると分かった。最近になり、契約内容を確認するため保険会社に問合せると、元本保証はないと言われ、80万円ほどの損失が出ていた。元本保証と信じて契約したので何とかしてほしい。

その他、以下のような相談も寄せられています。
・定期預金をしたつもりが、外貨建て変額個人年金保険に加入していた
・将来必要な施設入居資金と伝えていたのに、外貨建て生命保険の契約だった
・高齢の父宛てに外貨建て生命保険証券が届いたが、父は加入した覚えがないと言う
・高齢独居の叔母が約20件の外貨建て個人年金保険などを次々に契約をしていた
・両親が外貨建て生命保険を勧誘されクーリング・オフしたが円高で損が出た

引用 独立行政法人国民生活センター 外貨建て生命保険の相談が増加しています!

最後に

保険というのは、通常の貯蓄と異なり明確に目標を持って始めることは多いと思います。例えば、学資保険であれば子供の教育資金に充てる目的です。もし、その代わりにドル建ての養老保険に加入して、満期時に円高であった場合、子供さんの学費支払いに困ることになりますよね?このように明確な目的を持って貯蓄する場合は、不確実性の高い外貨建てはお勧めしません。この場合なら、少し運用利率が悪くても、確実性の高い国内の学資保険に加入すべきでしょう。質問者様はもう既に加入してしまったということですので、どうしても不安がある、納得できない場合は一度保険ショップに相談してみてはいかがでしょうか。

コロナ禍前までは日米の金利差は大きかったのですが、コロナ禍でアメリカ経済が減速して以降は利下げをしていますので、日米の金利差は縮まっています。ワクチンが普及してアメリカ経済が復活というニュースも流れていますが、失業者数は回復しておらず、まだまだ本格的な回復までには時間がかかりそうです。このような環境下で従来通りの運用ができるのかという点は再確認すべきでしょう。外貨建て保険を利用するということは、国内だけでなく海外の経済動向も注視してゆく必要がありますので、ご注意下さい。質問者様の資産運用が上手くいくように陰ながら応援しております。

参考記事 最近、離婚しました。現在の保険が自分に合っているかについて教えてください。

(留意事項)
本ブログをご参考にして頂ければ嬉しいですが、くれぐれも最終的な判断は自己責任にてお願いします。

タイトルとURLをコピーしました