「仕手筋」という言葉が気になっております。仕手銘柄は儲かるんですか?

株式投資について教えて!

まねっぴに質問

私は41才、男性 会社員 独身です。年収は約500万円、資産総額は約700万円です。会社の確定拠出型年金をしているのですが、順調に運用できており、色々な投資に興味を持ち始めました。その中で日本国内の個別株の投資をしたくてネットの証券会社で口座開設しました。しかし、いきなり大金をつぎ込むのは怖いので、100万円位までにしておこうと考えています。まだまだ手探りの状況で、銘柄選びにも迷いますが東証一部の銘柄を買おうかと思っています。いきなり損をしたくないと思って色々と勉強していますが、ネットの掲示板などで「某仕手筋が手掛けている銘柄」や「仕手銘柄」というニュースが飛び交っていたりします。そのような掲示板や広告は見ないようにしようと思いながらもつい見てしまいます。仕手筋と聞くと不気味な感じがしますが、本当にいるのでしょうか?そのような銘柄は本当に買った場合、儲かるのでしょうか?教えて下さい。

まねっぴの回答

質問内容を拝見しました。
株式投資を始めたばかりですが、ネット情報に仕手筋という言葉があり真偽が知りたいということですね。結論から申し上げますと、仕手筋はいます。但し、ネットの掲示板や情報サイトには真偽の定かでない情報が溢れていますので注意が必要です。もっと言えばネットの情報は大半がデタラメだと思った方がいいでしょう。
仕手筋の定義とは「投機的売買により巨額の利益を得ようとする投資家集団」となっています。表に現れることはありませんが、背後には大物政治家や反社会的勢力(暴力団)、宗教法人などがいると言われております。その真相は分かりません。ただ、言えるのは巨額のマネーを動かして突如株価を吊り上げて利幅を稼ぐ集団がいるということです。これらの集団は、法律ギリギリのことや法律に触れるようなことをしてでも吊り上げるのです。

仕手筋の売買手法

実際に仕手筋はどのような手法で株価を吊り上げて、巨額の利益を得るのでしょうか?いきなり株価が吹き上がるので、場当たり的にやっているように見えますが、実は何か月も前から計画的に進められています。まずは銘柄選びからですが、「時価総額が小さい銘柄」、「業績が芳しくなく株価低迷している銘柄」、「知名度が低い銘柄」「信用売買ができる銘柄」を選びます。なぜ小型銘柄と思うかもしれませんが、例えばトヨタのような大型の好業績株を買い占めて値段を吊り上げようとすると目立ってしまい、資金的にも何千億円とかかってしまいます。いくらなんでもそんな事をできる人は少ないのです。そこで、目立たず買い占めやすい時価総額が小さい小型株を選ぶのです。銘柄の選定ができれば、あとはどのように吊り上げてゆくのでしょうか?

仕手筋の投資手法
①株価に動きが無いときから、時間をかけて少量ずつ買い集めてゆきます。
②目標の株数が集まった時点で、大量の買い注文を入れて、出来高を伴って一気に株価を吊り上げます。この時に、上昇率トップ銘柄に掲載されるような派手な値動きをしたり、ネット掲示板や投資顧問会社に情報を流し提灯(ちょうちん)と呼ばれる一般投資家の流入を誘います。
③一度、急激な売り注文を出し、新規参入者の売り注文を誘発させる「ふるい落とし」を行います。ここで相場が終わったと勘違いした投資家の現物売りや空売りに対して、再度大量買いで株価を上昇させます。
④さらに提灯の買い注文が集まり過熱してきたころで仕手筋は売り抜けてゆきます。
⑤仕手筋が去った後の相場は急落し、元の株価に収まってゆきます。

これが一般的な手法ですが、場合によってはふるい落としと急騰を何度も演じて高値を形成する場合もあります。
仕手筋の売買手法

ふと疑問に思いませんか?上場企業の株式を5%以上保有する者は、金融庁に対して大量保有報告書の提出義務が発生します。しかし、仕手筋が株を買い占めている時には大量保有報告書が出ないことが多いです。なぜでしょうか?恐らく複数の口座名義で株を買っているので大量保有報告書が出ないものと思われます。仕手筋は表には出てきません。
また、これらの仕手筋が行う株価吊り上げ行為は合法なのでしょうか?いえ、法律に抵触する場合があります。偽の情報を流す風説の流布や株価操縦行為・見せ板などの行為は金融商品取引法違反となり、市場の公正性を歪める行為として処罰対象となります。実際に有名な仕手筋「誠備グループ」の代表であった加藤暠は2015年に風説の流布や株価の不正吊り上げで逮捕されるに至りました。最近では法令・監視が強化されているので、大規模な仕手戦は起こりにくくなっています。

参考 日本証券取引所 相場操縦取引

余談として、株価が吊り上がる場面として、機関投資家が買っている場合もあります。日本の機関投資家は株価の変動に配慮してソフトに買うイメージがありますが、外国の機関投資家は買い付ける時はガンガン一気に買い付けて、売却するときは一気に売却する特性があります。てっきり仕手筋が売買していると思っていれば、後から大量保有報告書で外国の機関投資家が公開される場合もあります。

仕手株を買うと儲かるのですか?

私個人としては、仕手株への投資は推奨していません。しかし、仕手株を買えば儲かるのかという質問をよく頂きますので、敢えて回答します。仕手株投資は上手くやれば儲かります。しかし、それには独自の分析力が必要です。ネット情報に頼っていては仕手株で儲けることはできないでしょう。なぜならネット上に仕手株情報が出てくる頃には、その相場は終盤だからです。あなたがネット情報をもとに買う頃には売り抜けるタイミングを見計らっているでしょう。いえ、もう既に売り抜けている最中かもしれません。では、どうすれば仕手株で儲けることができるのでしょうか?それは、仕手株と言われている銘柄は定期的に高騰する習性があります。それを独自で分析して、安いうちに買っておき、長期間寝かせたうえで高騰したタイミング売却すれば儲けることはできます。いずれの場合も「頭と尻尾はくれてやれ」を徹底しなければ、欲張り過ぎると売却時期を逸してしまい、損失を被るリスクが高くなります。仕手株投資は場当たり的ではなく、計画的に戦略を練らなければなりません。

最後に

ネットの情報には「●氏銘柄」「テンバガー銘柄」などと急騰する仕手株を予想するかのようなサイトが多くあります。それらを全て否定するわけではありませんが、相場の後半での銘柄推奨が多く、初動から推奨しているサイトは少ないのではないでしょうか。株式売買をしている人ならみんな短期間に大儲けしたいという願望はあるでしょう。それは私も理解できます。しかし、投資運用という観点からは、短期間に仕手株で儲けるような投機的な売買には賛成できません。上手くやれば大きく儲かる可能性がある一方で、下落局面で買ってしまい暴落に巻き込まれるリスクが付きまとうからです。投資というのは、投資信託のドルコスト平均法に例えられる通り、長期投資、分散投資の方がリスクを抑えることができます。大事な資産を運用させるうえでは、リスクは避けるべきでしょう。質問者様の投資ライフを陰ながら応援しております。

参考記事 母親から「投資は博打やギャンブルと同じ」と言われました。実際はどうなのでしょうか?

(留意事項)
本ブログをご参考にして頂ければ嬉しいですが、くれぐれも最終的な判断は自己責任にてお願いします。

タイトルとURLをコピーしました