36才で預金が3,000万円あります。セミリタイア可能でしょうか?

家計相談お願いします!

まねっぴに質問

私は36才、女性、会社員、独身です。年収570万円(月35万円、年間ボーナス150万円)、預金・株式含めて3,000万円です。現在、賃貸物件で一人暮らしをしておりますが、結婚予定もなく、仕事に燃え尽きました。特段お金を使う趣味もないこと、ある程度の金融資産も用意できたことからセミリタイアに踏み切ろうかと悩んでおります。今は職場の関係で都内に住んでいますが、セミリタイアした場合は地方に住みたいと思います。将来の不確定要素もあるので本当にこの金額でセミリタイア生活に入ってしまってよいのかためらう自分もいるのですが、いくら金融資産があればセミリタイアに踏み切ってもよいでしょうか。またセミリタイア後の資金計画について注意点もありましたら教えてください。

まねっぴの回答

質問内容を拝見しました。
金融資産も3,000万円貯まり、仕事にも燃え尽きたので第1線を離れてセミリタイアしたいということですね。30代でセミリタイアを検討される場合、最も重要になってくるのが、貯蓄額よりも何を中心に収入を得るかです。一般的なセミリタイア者の収入源は、アルバイトによる給与、フリーランスでの事業収入、株式やFXによる売買益・株式配当・不動産収入やブログによる広告収入となります。これら収入が将来に渡って、十分に確保可能な前提があれば、3,000万円あればセミリタイア可能だと思います。しかし、セミリタイアした後で、予定通り収入を得られなかった場合は、セミリタイア生活が非常に厳しいものになります。明確に収入が定まらないのであれば、セミリタイアはやめましょう。一つの例として、全く収入が無い場合と、毎月10万円の収入がある場合の比較をしてみましょう。

全く収入が無い場合の65才の年金支給までに必要な金額(月間生活費を12万円とします。)
65才-36才=29年
生活費総額:12万円×12ヶ月×29年=4,176万円
(預金-生活費総額)3,000万円-4,176万円=▲1,176万円
全く収入が無い場合は251ヶ月(21年目)に貯金が底をつき借金生活になってしまいます。
月収10万円の場合、65才の年金支給までに必要な金額(月間生活費を12万円とします。)
65才-36才=29年
収入総額:10万円×12ヶ月×29年=3,480円
生活費総額:12万円×12ヶ月×29年=4,176万円
(預金+収入総額-生活費総額)3,000万円+3,480万円-4,176万円=2,304万円 

全く収入が無い場合と、月10万円の収入がある場合では、29年間での収支で大きな差が出ます。全く収入が無い場合は、セミリタイア生活21年目で3,000万円の預金を消費してしまい65才時には1,176万円のマイナスになってしまいます。一方で毎月10万円の収入がある場合は、65才時に残額が2,304万円も残ります。2,304万円が残れば、65才以降の年金生活に移行した場合でも生涯暮らしてゆくことは可能になります。もし、収入が0円を想定してセミリタイア生活をする為には、預金が6,000万円から7,000万円は必要になります。

月収0円と月収10万円の65才到達時 残額比較

上記の試算では、急な高額出費が無い前提となります。例えば、両親が大きな病気になったり介護が必要になる。自身が大きな病気になり入院や高額な治療費が必要になる。こういった事が起きた場合には、預金額の減少幅が大きくなり、セミリタイア生活が継続できなくなってしまう可能性もあります。質問者様の場合、36才ということですので、ご両親の年齢的にも病気や介護の問題がこれから発生してくるでしょう。ご両親の年金額はいくらなのか?介護が必要になって特別養護老人ホームへ入居する場合での費用負担はできるのか?考えられるリスク要因を織り込んで計算する必要があります。

また、セミリタイア生活になった場合、会社員時代には無かった問題も発生します。それは「社会的信用」という問題です。金融機関や審査機関は、古典的な感覚を持っているところなので、公務員・会社員という肩書きや役職を重視されます。会社員で課長という人物とフリーランスという人物を比べれば、社会的信用があるのがどちらかは明白です。例えば地方へ移住して家を借りようと思った場合に、「会社員」という肩書きがあり固定収入があれば、余程のことが無い限り容易に借りることができますが、会社員という肩書きと固定収入が無い場合には、借りられない場合も出てきます。地方へ移住して車が必要になった場合も同じです。肩書きと固定収入が無いとローンの審査は通りません。ローン審査が通らなかった場合は、預金を取り崩して現金購入するしかなくなります。恐らく会社員生活をしている時には気付かないでしょうが、「会社員」という肩書きは思っている以上に強い武器になります。その肩書きを捨てるということは、思っている以上にダメージになる場合もあることを知っておくべきでしょう。

少しお金の面とは異なりますが、地方で住む場合の特有の問題点もあります。質問者様は都内に住んでいるということですので、あまり気付かないかもしれませんが、都市部では他人に対して良くも悪くも干渉しません。マンションの隣の住人がどんな人か知らないということも多いですよね。しかし、地方(一般的に田舎と言われる地域)では、外からの移住者に対する排他的な面があり、ムラ社会に溶けこむことができないかもしれません。ムラ社会に溶け込むことができた場合でも、地域の会合や行事には参加必須で、「世間の目」が厳しかったりします。令和の時代でも本当にあります。このように住む場所によっては、都会より息苦しいセミリタイア生活になるかもしれません。

セミリタイアをする前に

セミリタイアをする前に、よく考えて頂きたいことがあります。
『本当にセミリタイアをしなければならないのか?』ということです。
どうしても追いかけたい夢がある。その為には、いかなる苦労も気にならないという覚悟があれば、何も申し上げることはありません。しかし、一時の気の迷いや憧れであれば一息ついてよく考えましょう。

65才まで安定した収入源が確保できるのか?
フリーランスで定期的な収入が入ってくるのか?投資で儲け続けることができるのか?ブログで収益を上げ続けることができるのか?

現在の仕事に燃え尽きたということですが、セミリタイアしか手段がないのか?
長期休暇を取得して、少しリフレッシュすれば今の仕事で継続できるのでは?今の部署が辛いのであれば、異動願いを出してみることもできるのでは?

セミリタイアが本当に自分の描いている理想なのか?
セミリタイアに対してどのような理想を描いていますか?良い面だけでなく、理想と現実のギャップもあるのでは?

最後に

最近の日本では、働き方の見直しや多様な価値観が認められるようになってきました。一生会社員という生き方に対して否定的であったり、セミリタイアをして自由に生きるということを後押しするメディア記事が増えてきたと感じております。自由に生きることに憧れがある方は多いと思いますが、自由と引き換えに自己責任が付きまといます。会社員がこれからも安泰とは限りませんが、質問者様は現在、36才で年収570万と比較的高い収入を得てらっしゃいます。これは一度手放すと同水準に戻すことは難しいでしょう。コロナ禍でますます不透明感が増す世の中においては、リスク回避という観点で、会社員生活が悪いとは思いません。現時点では、不確実性の高いセミリタイアを選ぶよりも会社員生活を続けながら、できるだけ資金とスキルを蓄えるべきではないでしょうか。そして十分な計画が仕上がった段階で実行して下さい。質問者様の今後を陰ながら応援しております。

参考記事 42才 独身女性ですが、低収入で人生設計できません。どうすればいいですか?

(留意事項)
本ブログをご参考にして頂ければ嬉しいですが、くれぐれも最終的な判断は自己責任にてお願いします。

タイトルとURLをコピーしました