42才 独身女性ですが、低収入で人生設計できません。どうすればいいですか?

家計相談お願いします!

まねっぴに質問

私は42才 女性 スーパーマーケット勤務(非正規雇用)で独身です。年収150万円(手取り10万円)、ボーナス無し。貯金は200万円あります。実家暮らしで家には生活費として毎月1万円を入れています。現在は両親の年金が私の収入より多く、甘えている状況です。軽自動車を所有しており、ローン残額は無く、維持費は毎月2万円くらいです。車は贅沢品かと思われますが、出かける際には、両親を乗せないといけないので必要です。その他の出費はスマホ代が5千円、保険料1万円です。

結婚する予定は無く、このまま独身で実家に居るつもりですが、この収入の低さで将来どうやって生活すべきか悩んでいます。厚生年金には加入してもらっていますが、退職金はありません。どんどんと年金受給金額が減っているのを見て、自分が受け取れる金額は良くて月5万円ほどではないかと考えており、そうなると生活費が全然足りないと思います。何かしないといけないと思い、ネットの記事を参考に少額のつみたてNISA は始めましたがリスクが怖いので毎月3,000円のみです。他に何かはじめておくべき対策があれば教えていただければと思っています。宜しくお願いします。

まねっぴの回答

質問内容を拝見しました。
現在の収入状況から将来が不安ということですが、まず質問者様が老後に受給できる年金額を概算で試算してみましょう。まず老後に受給できる年金額を概算で試算した場合

年収150万(12万5千円)で40年間勤務した場合の年金受給額は?
平均標準報酬額(賞与を含んだ平均月収)×5.481/1000×被保険者期間の月数
125,000円×5.481/1000×480ヶ月=32万円
78万円(老齢基礎年金)+32万円=110万円/年
月間9万円が支給されます。
※2003年4月以降の平均標準報酬額にて算出 

年金資産の結果、月間9万円の年金が受給できます。あくまでこれは支給見込み額であり、介護保険料、国民健康保険料が天引きされますので、ご注意下さい。今後は支給年齢の引き上げや受給金額の引き下げの可能性は十分考えられますが、現時点での見込み額として把握しておくべきでしょう。それより私が気になるのは、老後よりもむしろ5年後、10年後の近未来です。現在は生活費を1万円入れていると記載がありましたが、この生活が成り立っているのは、高齢のご両親が健在であるからこそです。年金受給額が質問者様の収入より多いということは、厚生年金だと思われますので、ご夫婦で20万円くらいと推測されます。この先、ご両親が要介護の状態になった場合や、お亡くなりになった場合には生活が破綻してしまう可能性があります。

想定される出費

もし、ご両親が要介護状態になった場合、軽度であればデイサービス利用で費用負担も2万円程度で収まるのですが、要介護度が進行した場合には、居住型の老人ホームへの入居の検討が必要になってきます。老人ホームは民間の有料老人ホームと公的な介護サービスを受けられる特別養護老人ホームがありますが、公的な老人ホームへの入居でも自己負担額が毎月5万円から15万円は発生します。その場合、ご両親の年金は全て老人ホームの支払いに充てることになりますので、実家での生活費は質問者様が負担しないといけません。当然ながら毎月1万円では済まなくなります。

またお亡くなりになってしまった場合でも、同じ状況になります。亡くなった時点で、受給停止になりますので、質問者様の収入のみで、生活してゆかなければなりません。当然ながら、食費だけでも毎月1万円では賄うことはできません。最低でも、食費・光熱費は今よりプラスになってしまいます。ご実家が持ち家であれば出費が少なくて済むとお思いかもしれませんが、持ち家でも出費は大きいです。マンションの場合には、管理費・修繕積立金の支払いが必要となりますが、戸建ての場合には自分で修繕費用を積み立てなくてはなりません。定期的にメンテナンスをしないと耐用年数が大きく下がるからです。支払い義務があるマンションと違い、どうしても修繕費用の積み立ては疎かになりがちです。一般的に木造建築はメンテナンスをすれば50年以上も耐用可能だと言われておりますが、やはりメンテナンス次第なのです。また、マンション・戸建て問わず固定資産税の納税が必要になります。固定資産税とは土地・家屋を所有している所有者に対して課税される地方税で、毎年4月頃に納税通知書が届きます。ご家族で住まわれていた実家にお一人で住む場合は、大きすぎるかもしれません。その場合、当然ながら維持コストも高いですので、将来的には売却も視野に入れておくべきでしょう。

ご両親と同居時と一人暮らしになった場合の比較

どのような対策が必要でしょうか?

まず、将来的に支出の削減の見直しは必要になります。光熱費、通信費、保険の見直しが必要です。さらに現時点では必要とされている自家用車についても、見直しが必要になってくるでしょう。支出の管理、節約はもちろん大切なのですが、このようにザっと見ただけでも、現在の収入では将来的に厳しいことが分かります。両親がご健在の間に、収入を増やす努力の方が重要になります。質問者様の場合、まだ42才とお若いのでチャレンジできる可能性は十分にあります。収入を上げる為の方法はいくつかあります。

社員登用に応募する
現在、非正規雇用(契約社員・パートタイマー・アルバイト)とのことですので、長期間勤務されていたのであれば、そのスキルを活かして、社員登用の制度があれば応募してみてはいかがでしょうか?現在は、非正規雇用を増やしている企業がある一方で、優秀な社員を囲い込む為に、正社員化に力を注いでいる企業も少なくありません。

副業をする
正社員であれば、就業規則で副業が禁止されているケースも多いですが、非正規雇用の場合は当てはまらない場合が多いですので、規則面でのハードルは低いです。副業といっても様々な種類の副業があります。雇用契約を結び、一般的なコンビニや物流倉庫などの勤務もありますが、最近では、ウーバーイーツなどの宅配サービスやパソコンを使用したクラウドソーシングによって、外注化された業務を空いた時間に個人事業主として請け負うことができるサービスもあります。副業に対しては労務面での様々なハードルがありますが、国も法整備を進めていますので、改善されてゆくでしょう。副業は今後を見据えたチャレンジの場としてもいいかもしれません。

参考 厚生労働省 副業・兼業の促進に関するガイドライン

異業種へ転職をする
どうしても今の環境では収入を上げることができないという場合は、転職という方法もあるでしょう。ひと昔前では「転職は35才まで」と言われたものでしたが、今では年齢を問わず転職が可能になりました。実際に40才を超えての転職例も多数知っています。当然ながら、正社員で採用される為には、事前に資格を取得したりスキルを身につけておく必要がありますので、いきなり転職ではなく計画的な転職活動をしましょう。

最後に

今回の質問者様のケースでは、現状はご両親と同居されているので、問題無く生活できております。しかし、ご両親の年金収入に大きく依存している状況なので、健康状態に変化があった場合は生活が成り立たなくなるリスクが高いということです。最近では、男女問わず社会人になっても実家で暮らす若者が増えておりますので、ご両親に依存している世帯も増えているはずです。特に一人暮らしができないから実家暮らしという方は、いざという時に慌てることがないように、準備をしておく必要があります。質問者様の新たな一歩を応援しております。

参考 コロナで年収が激減しました。どのように乗り切ればよいでしょうか?

(留意事項)
本ブログをご参考にして頂ければ嬉しいですが、くれぐれも最終的な判断は自己責任にてお願いします。

タイトルとURLをコピーしました